こんにちは、デザイナーのみつ吉です。
ポートフォリオを作るとき、どのように構成すればいいのか悩みますよね。
ここでは、ゲーム業界を目指す方に向けて、”ポートフォリオの作り方のコツ”をご紹介いたします。

文字は少なくする

何十何百冊も送られてくるポートフォリオの審査では、残念ながら文章をじっくり読んでくれる人はほとんどいません。「読んでくれたらラッキー」という気持ちでいましょう。
見せたい文字は、目立つ色や配置、図で表現するなどの工夫をするといいです。

1番見せたい作品は”初め”に持ってくる

見た人にとって1番印象に残りやすいものが「最初に見たもの」だそうです。
自分のやりたい分野の作品や自信のある作品を最初に持っていき、見た人にあなたの作品を印象づけましょう!

お金はケチらない

せっかくの作品が、安い紙や安いインクを使用したために、全然違う色になってしまってはもったいないです。
少し値段が高くても、自分の思い描いた色でプリントされる紙やインクを選びましょう。
働くと、ポートフォリオで飛んだお金はすぐに戻ってきます。自分への投資だと思って、ここはケチらず作りましょう!

作品の制作過程や展示風景を載せる

飽きさせないために“同じような〇〇”は避ける
飽きてしまう原因によくありがちなのが「同じようなレイアウト」や「同じような作品」が連続することです。
飽きると印象に残りづらくなってしまうので、ポートフォリオ全体に抑揚をつけて工夫しましょう。

遊び心をいれてみる

ゲームが楽しいものなら、ポートフォリオも楽しい要素があるといいですね。
レイアウトがゲーム風になっているとか、ページの隅がパラパラ漫画になっているとか、表現は色々あると思います。あなたの思う楽しい要素を入れてみましょう!


ポートフォリオは失敗すればするほど、良いものが出来上がっていきます!
初めから完璧なものを作ろうとせず、少しずつ形にしていきましょう!
マイナビ20203/1(金)より20卒エントリー受付開始!