学生の皆さん、こんにちわ。三年目プログラマーのMと申します。今回はトイロジックでのスマホアプリ開発についてお話しします。

トイロジックはコンシューマーゲームのイメージが強いですが、スマホ開発も行っています。今年は2月1日に『八百万クエスト』をリリースしました。また、新人研修でもスマホゲームの制作を導入をしています。
そんな、トイロジックのスマホアプリ開発について、自分が参加しているプロジェクトについて紹介させていただきます。

ゲーム制作には様々な技術が必要になります

ゲームエンジン

これはプロジェクトによって異なりますが、今のプロジェクトではUnityを使っています。
ほかのプロジェクトでは、自社ライブラリを使用したりもします。
また, Unityでもネイティブ連携などでObjective-CやC++、Javaを書くこともあります。
今後はUnealEngine4とかも使うかもしれません。
その際、試したい技術などあれば積極的に発言すると、通ることも多いです。

どんなスキルが身につくか

AさんはUI, Bさんはバトルという風に分けたりせず、全員がすべてのパートに何らかの形でかかわっています。
その為、勉強は大変ですがたくさんのスキルが身につきます(先輩方が優しく教えてくれますよ)。
あるプロジェクトでは、セーブデータの暗号化やサーバーとの通信周りをさせて頂きました。
現在のプロジェクトではどこをやっているかというと…..すみません、今は言えません。

オフィス環境

ほっと一息していると自然とみんな集まってきます
トイロジックでは、コーヒーサーバーやウォーターサーバーを無料で利用することができます。
社内でも評判で、1日10杯飲む人もざらにいます。
50インチの大画面テレビも置いてあるので、昼休みには大体みんなでゲームをやっています。
いま話題のVR機器もプレイできます。

学生さんたちへのメッセージ

いかがでしたでしょうか?スマホアプリ開発をしたい方も安心してエントリーしてください!
ぜひ一緒におもしろいゲームをつくってきましょう。

でもプログラムばっかり書いていると運動不足になりがちなので、アクティブな趣味を見つけることも大事だと思います。トイロジックにはサークル制度があり、毎月補助金が支給されるんです。
僕は今ボルダリング部に入っています。トイロジックに入社したら一緒に壁をのぼりませんか!?

マイナビ20203/1(金)より20卒エントリー受付開始!