こんにちは。私たちは2018年にトイロジックに入社した新人プログラマーUとOです!
今回は私たちから、プログラマ定期勉強会という制度についてご紹介させていただきたいと思います!

プログラマ定期勉強会って?

勉強会の様子
だれでも自由に参加できます

プログラマ定期勉強会は、トイロジックで月に1回、各プロジェクトで利用している技術や個人や趣味で勉強している技術をプログラマ間で共有することを目的として開催されています。
30分程度のメイン発表と、チョットした Tips や最新技術を5分程度で発表する LT(Lightning Talks)のいくつかで構成されています。

この勉強会は、興味があれば誰でも自由に参加・発表することができます。
私たちもメイン発表として、社内ライブラリチームで行ったテストコード作成と、その際に使った GoogleTest について発表しました!
 

勉強会の内容

勉強会でどういったことが発表されるのか、私たちが行った発表「GoogleTestについて」を中心にご紹介します!

まず、テストコードとは実装したコードが想定通りに動作するかどうかを検査するためのコードのことです。
そして、GoogleTest というのは、テストコードを書くためのテスティングフレームワークで、以下の特徴を持ちます。

実際に勉強会に用いたスライド
実際に勉強会に用いたスライドです

簡単に言えば、使用者が内部処理の難しい部分を考えることなく、テストしたい内容に集中できるのが GoogleTest の利点といえます。
トイロジックでは、社内ライブラリをこの GoogleTest でテストして、よりゲームエンジンを開発しやすくなるような環境を作っています。

当日は他にも「Unityでの単体テストについて」や「C#の知っておくと便利な書き方(Tips)」に関するLTがありました。
それらの発表も興味深く、短い時間で多くの知識が得られるこの勉強会は、まさに参加し得といえるでしょう!

 

最後に学生のみなさんへ

トイロジックのプログラマはとても勉強熱心!なので、勉強会ではキャリアの長さに関係なく、みんなで業務に活かせそうなことをシェアしています。

もちろん、若手だからって軽視されるようなことはありません!
「いろんな技術を身につけたい!」「オレの技術を紹介したい!」(みなさんがいま研究・制作しているものも開発に活かせるかもしれません……!)という方は、ぜひエントリーしてみてください!

 
マイナビ20203/1(金)より20卒エントリー受付開始!